スタッフブログ

『今が建て時です!』と言われ出してから

かれこれ5年ぐらいが経過したのですが、

そして、この5年間は徐々ではあるものの、

右肩下がりに金利も下がってきたのですが、

さすがに、過去に例を見ないこの超低金利状態も、

もう終焉を迎えるだろうと言われています。

 

ですから、もしあなたが、

ここ数年の間に家を建てたいなーと

ぼんやりとでも考えられているのなら、

本腰を入れて具体的に動かれた方がいいかもしれません。

とはいえ、住宅ローン選びを間違えてしまうと、

いい時期に建てた意味もなくなってしまうので、

全く無知のまま、そして銀行や住宅会社や不動産屋に言われるがままに、

住宅ローンを組むようなことにならないよう、

ある程度はご自身で知識をつけていただく必要があります。

 

では、最低限知っておいていただきたい知識について

少しばかりお伝えさせていただきます。

 

住宅ローンには大きく分けて、

『固定型』と『変動型』の2つがあります。

 

そして、『固定型』には、当初10年間金利が固定され、

10年経過後に金利が見直される『10年固定型』と

借入期間中ずっと金利が固定される『全期間固定型』があり、

『変動型』には、半年ごとに金利が変動する『変動型』と、

当初3年間や5年間金利が固定され、

その期間経過後に金利が見直される『3年(5年)固定型』があるのですが、

この『固定型』と『変動型』は、それぞれ金利の決まり方が違います。

 

固定型は、景気にすぐに左右される?

 

まず、固定型は“長期金利”の動きに連動するのですが、

この長期金利は、『将来物価が上昇しそう』とか

『経済が成長しそう』と予測された場合、

それに影響を受けて金利が上がることになります。

また、逆に『経済が失速しそう』と予測されれば、

それに影響を受けて金利が下がることになります。

 

つまり、簡単に言うと、

短期的な市場の動向に非常に影響を受けやすく、

現在、日本は景気が良くなりつつあるがゆえに、

長期金利が上昇していっていて、

それに連動して固定金利も上昇していきつつある

という状態なんですよね。

 

変動型は、日本銀行の政策金利に左右される?

 

他方、変動型は、民間の金融機関同士が

お金を貸し借りする時の金利が指標となっており、

その金利をコントロールしているのが、

日本銀行が設定する『政策金利』です。

(僕たちの時代は社会の授業で“公定歩合”と習っています)

 

日本銀行は、政策金利の上げ下げで

金融引き締めや金融緩和を行なうのですが、

現在は、経済成長のため景気を拡大しようと

継続して金融緩和を行っているため、

金融緩和を行っているうちは、

ずっと金利は低いままであるといった感じですね。

 

つまり、これをまとめてみると、

実際に景気が良くなることによって金利が上がる変動型と、

景気が良くなりそうだという予測だけで金利が上がる固定型では、

金利が上がるタイミングが違うということなんですよね。

もちろん、固定型の方が、変動型よりも、

先に金利が上がることはお分かりいただけましたよね?

 

銀行からの借入比率が高くなりそう人は早めに動いた方が良い

 

もし、あなたが自己資金が少なかったり、

そこそこ自己資金はあるものの、

住みたいと考えているエリアの土地価格が高いため、

銀行から多くの資金を調達しないといけないのであれば、

金利の差だけで大きく利息の支払額が変わってくることになるので、

その驚愕の事実も知っておく必要があります。

 

例えば、もしあなたが2500万円という資金を

銀行から借り入れなければいけないとします。

そして、ちょっとした時期の違いで、

借入する金利が0.5%違ってしまったとします。

 

現実的に、東京三菱UFJ銀行の10年固定型の商品は、

3月は0.55%だったのに対し、

4月は1.05%と00.5%高くなっているので、

これで35年返済として試算してみますね。

 

まず、0.55%という金利で試算してみると、

月々の支払いは、65,450円ということになります。

そして、1.05%という金利で試算してみると、

月々の支払いは、71,155円となります。

 

つまり、金利がわずか0.5%上がっただけで、

返済金額が5,705円も上がってしまう・・・ということなんですよね。

そして、もし仮にこの金利差がずっと続くとなれば、

5,705円×420回となるので、

合計2,396,100円も総支払額が変わってくるということなんですよね。

 

いかがですか?

もちろん、この差は銀行への利息の違いですし、

たったこれだけの差でここまでの違いが出るわけですから、

そう考えると、銀行側が、

あなたにとって有利となる住宅ローンをすすめてくれるなんてことは、

まずありえないと考えるのが自然な考え方ですよね?

 

ということで、

もしあなたが家を建てるに際して、

その資金の大部分を銀行から調達しないといけないのであれば、

こういった住宅ローンの知識も付けていただきつつ、

少しでも出費が減らせるように、

賢く住宅ローンを組んでいただければと思います。

 

また、少しでも借入金額を減らすことが出来るように、

資金計画を行い、ご自身にとって無理のない予算の把握と、

その予算内で探すべき土地だったり、

その予算内で建てるべき家の把握をしていただければと思います。

 

資金計画と住宅ローン選びさえ、

間違いなくしっかりと行なうことが出来れば、

将来に大して不安を持つことのない、

賢い家づくりをすることが出来るようになりますから!