スタッフブログ

『ご購入いただく土地面積が55坪以上ないと、
ちょっと厳しくはなってしまいますが、
実は、出来るだけ家の予算を抑えたいとお考えの方には、
平屋をオススメさせていただいているんですよ!』


このようなお話をさせていただくと、
ほとんどの方が驚かれます。
というのも、一般的に『平屋は高い』というイメージが
すっかり頭の中に定着してしまっているからです。


ですが、これは紛れもない事実であり、
家に使える予算が1600万円以下の方であれば、
間違いなく2階建てより平屋にした方が、
より暮らしやすい住まいをつくることが出来ます。確かに、2階建で設計した住まいと
全く同じ床面積を維持した状態のままで平屋にするとなると、
大幅に高くなってしまうことは事実です。


30坪の家で、例を挙げるとすれば、
2階建→坪単価55万円×30坪=1650万円
平屋→坪単価65万円×30坪=1950万円
その差なんと!?300万円といった感じですね。
(本体工事だけじゃなく、付帯工事、消費税も全て含んだ価格で考えています)


これは、平屋にするとなると、
基礎の面積、屋根の面積、そして断熱の面積が
大きくなってしまうからです。
そしてその結果、坪単価が高くなってしまいます。


しかし、実際は単純にこれだけコストアップするわけではなく、
平屋にすることで省くことが出来る要素がたくさん出てくるので、
結果的には、ほとんどコストアップすることなく
建てることが出来るようになります。


では、詳しくご説明していきます。

まず、一般的な30坪の2階建住宅の間取りから
お伝えさせていただきますが、
1階15坪(=30帖)、2階15坪(=30帖)の
総2階建てで考えてみた場合、
1階には、玄関&ホール2帖、LDK18帖、
タタミコーナー3帖、洗面2帖、風呂2帖、トイレ1帖、
階段2帖(階段下の1帖分は収納)というスペースがとれ、
2階には、階段2帖、トイレ1帖、寝室6帖、
ウォークインクローゼット4帖、
(子供部屋6帖&クローゼット1帖)×2室、
そして廊下3帖というスペースがとれるのが、
一般的な30坪の2階建ての家です。


次に、これを平屋にしていってみますが、
単純に平屋にしただけで、上記の中のから、
“階段・2階の廊下・2階のトイレ”の3つを、
丸々カットすることが出来るようになります。
(設計する時に廊下を上手くカットしなければいけないですけどね)


となると、階段が1・2階それぞれで2帖ずつと、
2階の廊下で3帖、そして2階のトイレで
1帖の計8帖(=4坪)もの面積をカットすることが出来ます。


これだけでも65万円×4坪=260万円ものコストを
カットすることが出来るようになるので、
先程の1950万円-260万円=1690万円となり、
全く同じ部屋の広さと収納量を確保したまま、
40万円の差というところまで縮めることが出来ました。


しかし、まだこれだけでは、
ほとんど変わらないコストで建てられるわけではありません・・
ですから、少々柔軟に物事をお考えになっていただく必要が出てきます。


例えば、もし子供部屋を4.5帖ずつに減らすことが出来たとしたら、
1.5帖×2室=3帖分家をコンパクトにすることが出来ます。
となると、65万円×1.5坪(=3帖)=97.5万円カットすることが出来、
これで1592.5万円となり、2階建てより安く建てられることになるのですが、
いかがでしょうか?


子供たちは、ほとんどの時間を広々としたリビングで過ごすでしょうし、
勉強もリビングですることになるでしょうから、
ほぼ寝るだけの部屋というわけなので、
思春期のことを考えたとしても、
それほど広い部屋は必要じゃありませんよね?


子供部屋が1階にあれば、完成し入居した時から、
子供の荷物を自分の部屋に置いておくことが出来るので、
リビングが子供のモノで散乱しまくっているという状況も
回避しやすくなりますしね。


これらの工夫を施すことで、
合計で5.5坪(11帖)もの面積をカットすることが出来るようになります。
そして、床面積は24.5坪になったわけですが、
これによって果たして、暮らしやすさに支障は出てくるでしょうか?
果たして、狭苦しい家になってしまうでしょうか?


そうですよね?
決してそのようなことはありませんよね?


だって、全ての部屋や収納が1階に集結しているわけですから、
2階建てに比べて全ての部屋が使いやすくなるし、
動線もよりスムーズになるので、
むしろ狭くなったとしても、
暮らしやすさは向上しているはずですもんね。


さらに、3帖のタタミコーナーだってそのままでもいいし、
全ての部屋が1階に来ることで
特に必要ないなとお感じになったのであれば、
それを丸ごと収納に回せば、
より収納量にも優れた使い勝手の良い住まいになりますしね。


このように、柔軟に物事を考え、
いくつかの工夫を施すことが出来たとしたら、
30坪の2階建て住宅よりも安いコストで、
ムダなく使いやすくて暮らしやすい、
そして老後も安心して過ごすことが出来る、
そんな平屋の住まいをつくることが出来るようになります。
(+地震にも天然で強くなります!!)


ですから、もしあなたが、
これから住まいづくりを検討されているならば、
そして家の予算を少しでも抑えたいとお考えなのであれば、
敷地条件によって出来たり、
出来なかったりはあるかもしれませんが、
平屋ということも視野に入れつつ
考えてみていただければと思います。
決して平屋が高い・贅沢というわけではありませんから!