スタッフブログ

プランは、敷地の形、広さ、接道状況といった

土地そのものが持つ特徴や、周辺環境や、

あなたがお持ちになる要望から出来上がり、

出来上がったプランと周辺環境から

家の外観が出来上がってくるものです。

例えば、

敷地の東と南の2方向が道路に接していて

日当たりが良くて最も人気がある東南角地に家を建てる場合、

この土地で最も暮らしやすくなるようにプランを考え、

そして環境を加味した上で、外観が出来上がっていくわけですが、

こういった土地は、よく考えて設計しないと、

逆にとても住みにくい家を創り出してしまいます。

まず

敷地の南が道路であるものの、

道路を挟んだ正面に隣のお家の玄関があったり、

また、その土地が分譲地の入口だったりすると、

奥に建っているお家の方たちが、

その南の道路を使って出入りすることになります。

さらに、道路が東にも接しているのですが、

この東の道路も、幼稚園や小学校が近くにあれば、

平日は、車や自転車や人がたくさん行き交います。

このような状況の土地だった場合、東南角地が持つ最大のメリットである

日当たりの良さを最大限に活かそうとした場合、

外から丸見えになってしまうというデメリットと

被ることになってしまいますし、

同時に、窓の位置や形を見ただけで、

間取りが一目瞭然で分かってしまうようになるため、

あまり防犯がいい家ではなくなってしまいます。

また、日当たりの良い南や東にベランダをつくってしまった場合、

洗濯物が近所の人だけじゃなく、

全く見知らぬ人たちからも丸見えになってしまうことになるため、

せっかくお洒落につくった外観も、

それだけで生活感が溢れることになり台無しになってしまいます。

ですから、東南角地のような誰もが欲しくなるような土地でも

近隣環境を考慮したプランを考えないと住んでみたら

常にカーテンを閉めて、近所の視線を気にしながら暮らすことになりかねません。

デメリットを全て防ぐことが出来るような工夫が必要になります。

もちろん、明るさと開放感を確保しながらです。

 

両立が難しい“開放感”と“プライバシーの確保”

 

明るくて開放的な家にしようと思うと、

日当たりが良さそうな土地を購入し、

さらに日当たりが良さそうな方向に、

大きな窓をたくさんつくってしまいます。

しかし、そのような設計にしてしまうと、

先程もご説明させていただいたように、

プライバシーが低くなる上、

間取りが丸わかりになってしまうため、

防犯性まで悪くなってしまいます。

そして、その上デザイン性まで悪くなってしまいます。

他方、プライバシーを重視しようとして、

ただ単に窓を小さくしたり、数を減らしたり、

また、防犯性を重視しようとして、

ただ単に、窓の位置や形を変えただけでも、

明るさや開放感を失ってしまうことになりますし、

小手先の工夫だけでは、決してデザイン性の高い家にはなりません。

 

答えは、窓1つ1つの意味を考えること

 

間取りプランのつくり方はもちろんのこと、

窓1つ1つにしっかり意味を持たせていることにあります。

つまり、全ての窓が、

その役割をしっかり果たしていることにあります。

もし、あなたが、

本当に住み心地が良くて、使い勝手が良くて、

動線がいい住まいを手に入れたいとお考えであれば、

一度、ご相談いただければと思います。