スタッフブログ

 通勤や散歩などで一度は目にしたことがあるマンホール。
そんなどこにでもあるマンホールの蓋がカードとなって全国の
自治体で配布されていて密かな話題を呼んでいます。

そもそもまず、マンホールって?
マンホールとは下水管などの検査・掃除をする人が出入りするための入口のこと。
そのマンホールに誤って人が落ちたり、無断で出入りできないように鋳鉄製の蓋が
してあります。

蓋のデザイン性とカードの融合で地域観光のきっかけに!?

マンホールのデザインは各自治体により歴史や観光名所、地元のスポーツチームやマスコット、ゆかりの深いアニメキャラクターなど様々なマンホールのデザインがあります。

私の地元会津若松のマンホールのデザインはこちら

磐梯山と猪苗代湖、市の木「アカマツ」をデザイン化したものです。

マンホールカードは郵送や事前予約では入手できず、
各自治体の配布場所まで行かなければなりません。

全国各地に行かなければならない事、各自治体ごとにデザインが異なるため
地元のカードを手に入れたら最後、全部集めてみたくなりませんか?

あの 「〇ケ〇ンGO!!」 的な感で(私は〇ケ〇ンには興味ありませんが・・・)

現地まで行ったついでに観光も楽しんじゃおうっていうのがこのカードの真の目的です。観光のついでかカードのついでか、ぜひ旅行に行った際にはカードを
手に入れてみてはいかがでしょうか。

スマホで「マンホールカード」と検索すると「下水道広報プラットフォーム」というホームページがあります。

そこにアクセスすると各自治体のマンホールカードの配布場所や配布時間などがわかりますので、ご活用ください。 
アドレスはこちら⇒(http://www.gk-p.jp/mhcard.html)

フルコンプリートした方はスゴイ!!