スタッフブログ

二世帯住宅で後悔しないためのポイント その3

前回に引き続き、二世帯住宅で後悔しないためのポイントについてご紹介します。


・これからずっと先の未来を見据え、考えておく

時が流れるにつれて、人も歳をとります。

子供は成長して、いつの日かは自分の人生へと旅立ちます。
また、ご両親も永遠に元気という事はありません。

そうすると子供のためだけや、親のためだけに考えた間取りにしてしまうと
いつの日か後悔してしまうことになるかもしれません。

どちらの人生の方が長いのかと考えた時に、自分たち夫婦だけで
住んでいく時期の方が長いはずです。

今だけのことを考えて安易に家を建ててしまっては後に必ず後悔します。
したがって、夫婦2人だけになった時のことまで考えて家を設計しなければならないのです。

触れにくい部分でありますが、ここをしっかりと考えておくことをお勧めします。

少し悲しい話になってしまいましたが、その時のことまで考えて家を設計できれば、将来後悔することはないでしょう。

二世帯住宅では考えておかなければいけないポイントがたくさんありますが、後悔しないためにもしっかりと全ておさえておきましょう。