スタッフブログ

こんにちは。気温は低く寒い毎日ですが、雪が降らない分
安心して車の運転が出来るので助かります。

◎介護保険を活用して快適な住まい
30年、40年前に建てた家は廊下や玄関などに手すりがなかったり
脱衣室と浴室との間仕切りに段差があったりとご年配の方には
住みづらい家が多いと思います。

ご夫婦どちらかが要介護認定を受けて介護をしながらの暮らしと
なったらより一層大変です。
介護用具をレンタルしたり購入したりすることで辛い介護生活が改善
する場合もありますがそれに加えて手すりを設置したりトイレを改修したりと
介護保険を活用してリフォームすることも大事です。

介護保険を使って手すりの設置や段差の解消、和式トイレから洋式トイレへ変更
など介護リフォームをすると上限20万円を限度に
自己負担1割から3割で工事をすることが出来ます。

工事完了後、施工業者へ工事費用を支払い、自治体へ申請して工事費用の7割から9割が還付されます。まずは役所へ問い合わせるか、デイサービスなどを
利用されている方は担当のケアマネージャーの方へお聞きください。
その際に詳しい内容の説明があると思います。

介護をする方、受ける方双方が快適な生活が送れるようお手伝いできればと思います。