スタッフブログ

借入期間中ずっと金利が変わらない

全期間固定金利住宅ローンの代名詞的存在なのが、

住宅金融支援機構が取扱う『フラット35』ですが、

このフラット35は、ほぼ全ての銀行が窓口となっているため、

どの銀行でも申し込むことが出来ます。

 

とはいえ、窓口となる銀行によって

その貸出条件は全く異なるため、

どこで借りても全く同じというわけではありません。

それゆえ、もしあなたがフラット35を選びたいとお考えだとしても、

安易に知ってる銀行に行くのではなく、

貸出条件を比較し、最も有利な条件で借りることが出来る

銀行を見極めるようにしなければいけません。

ということで、今回は、

銀行によって違ってくるフラット35の貸出条件について

お伝えしていきたいと思います。

 

まず、フラット35では、

民間銀行が取扱う住宅ローンのように

保証料という費用が必要ないのですが、

その代わりに「融資手数料」という費用がかかってきます。

 

そして、この融資手数料が、

窓口となる銀行によって異なってきます。

 

しかしながら、この融資手数料が安く設定されている場合、

その分金利が高く設定されている場合が多いので、

単純に融資手数料が安いか高いかだけを見て判断するのではなく、

金利との兼ね合いも見ながら判断することが大切になってきます。

 

次に、窓口によって違いがあるのが、

貸出金利です。

なんせ、最安金利と最高金利では、

なんと0.55%も差がありますからね。

※フラット35を扱っている会津の金融機関の金利は
融資比率9割以下の場合、1.03%~1.33%です。

 

これだけ違えば、例えば2500万円を35年返済で借りて、

最後までベタで支払ったとしたら、

金利の差だけで280万円も違ってくるんですよ。

ビックリだと思いません?

 

ですから、窓口となる銀行によって

金利が違ってくるということも知っておく必要があるし、

先程の融資手数料を安くしたことで、

逆にこの金利が高くなる場合もあるので、

知らず知らずの間の無駄払いを防ぐためにも、

安易な選択をしてしまわないようにすることが大切なんですよね。

 

つなぎ融資の手数料と金利」も、

窓口となる銀行によって違ってくるのも、

フラット35では気を付けておきたいポイントですね。

 

フラット35という住宅ローンは、

家が完成し、その家の基準が、

住宅金融支援機構が定める基準に適合しているかどうかを

検査し確認してからじゃないと、

融資が実行されない住宅ローンです。

 

ですから、その間に必要となってくる資金を

窓口となる銀行が立替え融資してくれるようになります。

土地代や家の着工金、家の上棟金などですね。

これが「つなぎ融資」です。

 

そして、その融資に際して

手数料と金利が発生することになるというわけです。

 

手数料に関しては、

つなぎ融資を実行するごとに毎回必要になってくる銀行もあれば、

何回つなぎ融資を受けようと1回きりしか必要がない銀行もありますし、

金利に関しては、

フラット35と同じ金利が適用される銀行もあれば、

もっと高い金利が設定されている銀行もあります。

 

また、手数料や金利が、

つなぎ融資として実行される融資額から差し引かれる銀行もあれば、

つなぎ融資の融資額から差し引かれるのではなく、

最終のフラット35からこれらの費用が差し引かれて

融資が実行される銀行もあるので、

どのタイミングでそういった手数料や金利を支払う必要があるのか?

ということも、事前にしっかり理解しておくことも

大切なポイントとなってきます。

 

いかがですか?

これらが、銀行によって異なってくる条件というわけですね。

 

そして、フラット35という住宅ローンは、

建てる家によっても貸出条件が異なってくるという特徴も持っており、

✔️省エネルギー性に優れた住宅(認定低炭素住宅、一次エネルギー消費等級5)

✔️耐震性に優れた住宅(耐震等級3)

✔️バリアフリー性に優れた住宅(バリアフリー対策等級4以上)

✔️耐久性・可変性に優れた住宅(長期優良住宅)

のいずれかの条件を満たした住宅は、

当初10年間の金利が0.3%優遇されることになっています。

 

これだって、例えば2500万円を借入れた場合であれば、

70万円前後の金利差が出ることになるので、

絶対に見過ごせないポイントですよね。

 

現在は、性能に優れた住まいを建てることが

一般的になっている時代ですから、

この優遇も、ぜひとも使っていただければと思います。

 

以上のような内容をご理解いただいた上で、

住宅ローン選びを行なうことが、

家づくりでは非常に大切なポイントとなってきますし、

資金計画で最初に行なうべきことが、

実は、この住宅ローン選びなんですよね。

ここから始めないと正確な予算が把握出来ないですからね。

 

もし、あなたがこれから家づくりを考えていて、

住宅ローンはややこしいいし、

難しそうなので自分選ぶ自信がないな〜

とお考えであれば、

いつでもご相談いただければと思います。

 

あなたにとって理想的なローンのアドバイスまで、

理想的な住まいのアドバイスと同時にさせていただきますから!