スタッフブログ

高断熱・高気密を基本とした高性能住宅を

うたっている住宅会社の中には、

高性能住宅に住んだ場合と高性能住宅じゃない住宅に住んだ場合、

それから今のまま賃貸住宅に住み続けた場合の

3つの場合の総コスト(初期コストと継続コストを合算したコスト)

を比較したシュミレーションをしてくれる会社があります。

 

そして、そのシュミレーションには、

高性能住宅じゃない住宅は寿命が短く、

だいたい30年後には建替えをしなければいけないため、

30年後に再び1500万円ぐらいの建替えコストが組み込まれ、

逆に、高性能住宅を建てた場合は、

初期コストは、そうじゃない住宅に比べて大幅に掛かるものの、

家の寿命が長く、30年後も建替えコストがいらないため、

結果的には、圧倒的にお得であるという説明がなされます。

 

しかしながら、果たして、

高性能住宅の要件を兼ね備えていない住宅は建て替えを余儀なくされ、

逆に、高性能住宅ならば、

建て替えをする必要が本当にないのでしょうか?

 

結論から申し上げると、

いずれの住宅にせよ、建替えをすることはありません。

 

というのも、

確かに高性能住宅の要件を備えた住宅に比べると、

その要件を備えていない住宅は、

夏の暑さや不快感、そして冬の寒さや暖房の効果などに関して

劣ることは間違いないのですが、

かといって、そこで暮らせないほど不快か?というと、

そんなわけでもないし(それでも実家に比べたら遥かに快適ですからね)

そこでずっと暮らしていれば慣れてくるものですからね。

現在の建築技術や断熱材、窓の性能などあらゆるものの性能が3、4十年前の住宅、

さらには10年前の住宅と比べても技術も性能も高くなっています。

高性能住宅じゃない低性能住宅とはなりません。

 

また、劣化の度合いも、

高性能住宅かどうかだけじゃなく、

施工精度によっても変わってくることなので、

一概に『高性能住宅=長寿命』ということでもないわけですしね。

 

ですから、雨漏りとか結露がひどくて

家がボロボロになっている状態じゃなければ、

まずまず建て替えをすることはないと考えるのが妥当ではないでしょうか?

建て替えとなれば、めちゃくちゃお金がかかることですしね・・・

というよりは、どちらにも共通して言えること、

そして、いずれの住宅にせよ、

確実に予算計上しておいた方いいことは、

 

将来リフォームをする可能性が高い

 

ということではないでしょうか?

 

まず、ずっと住んでいれば色んなところが傷んできます。

床にせよ、壁にせよ、ドアにせよ、です。

また、キッチン、風呂、洗面、トイレといった設備品だって、

間違いなく劣化するものですし、

ずっと使っていれば、どこかしら不備が出てくるものです。

 

それに加えて、

年齢と共に好みだって変化していくものなので、

子供が巣立ち、自分たち夫婦だけの暮らしになれば、

それを節目に家の中や外装をリニューアルしたくなるかもしれません。

 

あるいは、孫が出来た時もいいきっかけですね。

清潔な家にしていた方が、

子供たちも孫を連れて遊びに来てくれやすいでしょうからね。

 

そして、おそらくリフォームする一番の理由はというと、

“間取りが使い勝手が悪くなったから”

ではないでしょうか?

 

歳をとれば、もしかしたら

腰や足が悪くなってしまうかもしれません。

となれば、とてもじゃないけど階段の上り下りは厳しくなります。

 

しかし、もし2階のベランダや、

空き部屋となった子供部屋が洗濯干場となっていたら・・・

1階に収納が少なく、逆に2階に収納がたくさんあり、

そこに衣類や生活必需品が片付けられていたら・・・

1階にLDK以外の部屋がなかったとしたら・・・

 

無理にでも、増築することで、

部屋や収納を増やさざるを得なくなってしまいますよね?

となると、先程の経年劣化や気分転換のための

リフォーム費用どころでは、

とてもじゃないけど済まなくなってしまいます。

 

500万円・・いや下手をしたら1000万円近く

リフォーム費用として掛かってしまうかもしれません・・・

 

ですから、家を建てる時には、

定期的なメンテナンス費用も資金計画に計上しておくことはもちろん、

将来、不要なリフォームをしなくていいように

間取りを考える必要があります。

 

つまり、間違いなく変化ていくライフスタイルに合わせて、

住み方も自由に変えられるように

間取りづくりをする必要があるというわけです。

 

老後資金は、夫婦2人で暮らしていくためには、

毎月25万円は必要だと言われています。

そして、それに加えて現在はそれほどいらない

医療費や介護費がかかってくるようになるでしょうし、

仕事をしていないわけなので、

趣味や旅行といった娯楽費だってかなり必要になってくるでしょう。

車だって、いらなくなるわけじゃないですしね。

 

となれば、年間で400万円ぐらいの費用が必要になり、

しかし、年金の給付は減る一方であり、

年間で200万円ぐらいしかもらえなくなるでしょうから、

もし85歳まで生きるとしたら、

200万円×20年=4000万円は老後資金として

持っていなければいけないということになります。

 

そう考えれば、

家づくりに必要以上にお金を使うことは、

決して賢明な選択ではありません。

たとえ、一生に一回の大きな買い物であり、

それが人生において、とてつもなく大きな夢だとしても・・です。

 

いかに、無駄な出費をせず、

家づくりにかかるコストを最小化し、

かつ、今も将来もずっと暮らしやすい家にし、

そして、将来必要になるリフォームコストも最小限に抑えられる

住まいを提案することが出来るのか?

 

これが、弊社が目指している住まいづくりなのですが、

豊かで幸せな人生を送ることが出来るようになるためにも、

ぜひ、この考え方を頭の隅に置いておいていただければと思います。