スタッフブログ

2020年と言えば?・・・東京オリンピック・パラリンピック!!

実はそれだけではありません。
建築業界でも重要なことがあります。
それは

改正省エネ基準の義務化です。

住宅の建築を考えている人は何となく
インターネットやチラシ、見学会などで
見たり、聞いたりしたことがあるかもしれません。

ん?改正省エネ基準??聞いたことない。

これなら聞いたことがあるかもしれません。

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」
いわゆる「ゼッチ(ZEH)」というものです。

厳密に言うと違いますが、
改正省エネ基準より住宅の性能が高いのがZEH(ゼッチ)です。
国は2030年にZEHの義務化を目指しています。

ZEHのおさらいをすると・・・
ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。(経済産業省HPより引用)

要するに
外皮の断熱性能の大幅な向上とは
家の外側を覆っている断熱材の性能を上げて(高断熱)、
出来るだけ隙間をなくして(高気密)、
もちろんサッシの性能も上げる(LOW-eや樹脂サッシ、ペアガラス、トリプルガラスなど)

高効率な設備システムとは
ヒートポンプやエコジョーズなどの熱交換型給湯器節水水栓
高効率エアコン熱交換型換気設備などの外気の熱を利用した設備機器のこと、

照明機器はLEDにして

再生可能エネルギー(主に太陽光発電)を導入して

年間の一次消費エネルギー(簡単に言えば光熱費)を
おおむねゼロになる住宅の事です。

国は2030年にZEHの義務化に向けて補助金を交付しています。
平成30年度はZEH基準を満たした住宅は70万円の補助金が出ます。
その他プラスして蓄電池の導入などで補助金が上乗せされます。

平成27年度から始まった補助金ですが年々補助額が下がっています。
ちなみに
平成27年度は130万円
平成28年度は125万円
平成29年度は75万円
そして平成30年度は70万円

今後も補助金の額は少なくなると予想されます。
義務化後は補助金がなくなるでしょう。
そして平成30年度から「ZEH+」という新たな基準が設けられる予定です。
「ZEH+」の基準を満たした住宅には補助金が115万円交付されます。
(まだ確定していることではないので変更になる可能性があります)

東北地方や北海道などの寒冷地は、ZEH基準を満たすような住宅にするには、
断熱、気密などの住宅性能の向上と
太陽光発電システムや蓄電池の導入が必須事項になります。

そのため見積もり金額が大きくなります。
また住宅は建てて終わりではありません。
年月が経つと住宅のメンテナンスが必要です。
住宅のメンテナンスは15年から20年が目安です。

ちょっと長くなったので続きは次回にします。