スタッフブログ

2020年と言えば?・・・東京オリンピック・パラリンピック!!

実はそれだけではありません。
建築業界でも重要なことがあります。
それは

改正省エネ基準の義務化です。

住宅の建築を考えている人は何となく
インターネットやチラシ、見学会などで
見たり、聞いたりしたことがあるかもしれません。

ん?改正省エネ基準??聞いたことない。

これなら聞いたことがあるかもしれません。

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」
いわゆる「ゼッチ(ZEH)」というものです。

厳密に言うと違いますが、
改正省エネ基準より住宅の性能が高いのがZEH(ゼッチ)です。
国は2030年にZEHの義務化を目指しています。

ZEHのおさらいをすると・・・
ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。(経済産業省HPより引用)

要するに
外皮の断熱性能の大幅な向上とは
家の外側を覆っている断熱材の性能を上げて(高断熱)、
出来るだけ隙間をなくして(高気密)、
もちろんサッシの性能も上げる(LOW-eや樹脂サッシ、ペアガラス、トリプルガラスなど)

高効率な設備システムとは
ヒートポンプやエコジョーズなどの熱交換型給湯器節水水栓
高効率エアコン熱交換型換気設備などの外気の熱を利用した設備機器のこと、

照明機器はLEDにして

再生可能エネルギー(主に太陽光発電)を導入して

年間の一次消費エネルギー(簡単に言えば光熱費)を
おおむねゼロになる住宅の事です。

国は2030年にZEHの義務化に向けて補助金を交付しています。
平成30年度はZEH基準を満たした住宅は70万円の補助金が出ます。
その他プラスして蓄電池の導入などで補助金が上乗せされます。

平成27年度から始まった補助金ですが年々補助額が下がっています。
ちなみに
平成27年度は130万円
平成28年度は125万円
平成29年度は75万円
そして平成30年度は70万円

今後も補助金の額は少なくなると予想されます。
義務化後は補助金がなくなるでしょう。
そして平成30年度から「ZEH+」という新たな基準が設けられる予定です。
「ZEH+」の基準を満たした住宅には補助金が115万円交付されます。
(まだ確定していることではないので変更になる可能性があります)

東北地方や北海道などの寒冷地は、ZEH基準を満たすような住宅にするには、
断熱、気密などの住宅性能の向上と
太陽光発電システムや蓄電池の導入が必須事項になります。

そのため見積もり金額が大きくなります。
また住宅は建てて終わりではありません。
年月が経つと住宅のメンテナンスが必要です。
住宅のメンテナンスは15年から20年が目安です。

ちょっと長くなったので続きは次回にします。

 

福島県でも桜の開花のニュースが流れる季節になりました。

つい先月までは雪が降ったり、気温も氷点下を下回るような寒い日が
続いていたのがウソのようです。

桜の話題が出てくるともう春なんだなぁと感じます。

注文住宅での壁紙選びに失敗しないためのポイント その1

壁紙というのは、その部屋の印象を決定づける重要な要素です。
また、壁紙選びを失敗してしまったからと言って簡単に貼り替えるわけにはいきません。

ということで今回は、注文住宅での壁紙選びに失敗しないためのポイントについてお話ししようと思います。


●まずは部屋のコンセプトを決めよう

壁紙を選ぶ前に、どのような部屋にしたいのかイメージをするためにも、部屋のコンセプトを決めましょう。

どのような家具をどれだけ置くのか、基調とする色は何なのか、来客の時にどのような印象をもってもらいたいのか、考えればたくさん出てくるはずです。

何の考えもなしに、その場の自分の好みだけで壁紙を選んでしまうと将来に後悔する可能性が高いかもしれません。


●サンプルは大きなもので確認

面積効果というものがあり、色は面積が大きいほど明るく淡く見えます。
ですので、実際の仕上がりは、カタログでイメージした色よりも明るく淡く見えることがあります。

なので、建築会社に依頼してできるだけ大きいサンプルで確認するようにしましょう。

次回も注文住宅での壁紙選びに失敗しないためのポイントについてお話ししようと思います。

二世帯住宅で後悔しないためのポイント その3

前回に引き続き、二世帯住宅で後悔しないためのポイントについてご紹介します。


・これからずっと先の未来を見据え、考えておく

時が流れるにつれて、人も歳をとります。

子供は成長して、いつの日かは自分の人生へと旅立ちます。
また、ご両親も永遠に元気という事はありません。

そうすると子供のためだけや、親のためだけに考えた間取りにしてしまうと
いつの日か後悔してしまうことになるかもしれません。

どちらの人生の方が長いのかと考えた時に、自分たち夫婦だけで
住んでいく時期の方が長いはずです。

今だけのことを考えて安易に家を建ててしまっては後に必ず後悔します。
したがって、夫婦2人だけになった時のことまで考えて家を設計しなければならないのです。

触れにくい部分でありますが、ここをしっかりと考えておくことをお勧めします。

少し悲しい話になってしまいましたが、その時のことまで考えて家を設計できれば、将来後悔することはないでしょう。

二世帯住宅では考えておかなければいけないポイントがたくさんありますが、後悔しないためにもしっかりと全ておさえておきましょう。

おはようございます。

数日天気の良い日が続いたと思ったら夜のうちに雪が降って
あっという間にまた元通り。連日現場の除雪に追われる日々でした。

屋根の雪下ろしなどをするときは1人では絶対にやらないでください。
毎年冬の時期の屋根の雪下ろしの事故のニュースを目にしていると思います。
必ず2人以上でやりましょう。

さて、更新がご無沙汰になってしまいましたが
二世帯住宅で後悔しないためのポイントその2をお話します。

〇生活リズムなどを考慮して、上下階の位置関係を決める親世帯と子世帯では生活リズムに違いがあります。

そのことを先に考えておかないと、いざ住んでみたときに不都合なことがたくさん出てきてしまうかもしれません。

1階に親世帯が住んでいて2階に子世帯が住んでいる場合は、子供が活発に動いて下に音を響かせないように注意を払わなければいけません。

お風呂に入る時間や夜寝る時間も違いますよね。
もう寝ている時に上からバタバタ聞こえてきたらたまったもんじゃありません。

ですので防音、遮音機能が備わっていることが望ましいです。

その他にも、1階の寝室と2階のリビングが被らないようにするなどの工夫も大切になってきます。

最も理想的なのは、あまり人の入らない部屋が寝室の上に来るようなレイアウトにすることです。

音のせいで眠れないと、大きなストレスとなり、親世帯と子世帯の関係性が悪化してしまい、日々の生活が苦しいものになってしまうかもしれません。

上下階の位置関係を上手に考えて間取りを検討しましょう!

次回も引き続き、二世帯住宅で後悔しないためのポイントについてご紹介していきたいと思います。

すっかり雪も解けて車での移動が楽になってよかったと思っていたら

寒波が近づいて大雪の予報が出てしまいました。

また除雪の日々が待っています。

みなさんも車の運転には十分気を付けてください。

二世帯住宅で後悔しないためのポイント その1

二世帯住宅をお考えの方も多いと思います。

しかし、二世帯住宅を作る際には気をつけたいポイントがいくつかあります。

そこで今回からは、二世帯住宅で後悔しないためのポイントについて

ご紹介していきたいなと思います。


〇これから起こりうる問題を先に考え、夫婦間で共有しておく

二世帯住宅で最も気になるところが、親世帯との関係性です。

一緒に暮らす以上は、親世帯との意見を上手く調整しないといけません。

しかしそうなってくると、ご夫婦での生活が少しイメージしていたものと

違ったものになってしまうかもしれません。


ですので、あらかじめこれから起こりうる問題を事前に検討して、

ご夫婦で共通認識を持つことがポイントになってきます。

例えば、子育てのことや日々の生活のことなど。

他にも家具のことや料理のことにも言及してくる可能性だってあります。

事前にそういったことを想定して具体的な解決案を出しておくと、

いざ問題に直面した時に柔軟に対処できることでしょう。

そうできれば、ご夫婦と親世帯が円満な関係性を保ち、

みなさんが楽しく暮らせるかとおもいます!


次回も引き続き、二世帯住宅で後悔しないためのポイントについて

ご紹介していきたいと思います。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
弊社は1月9日の今日から仕事始めです。

みなさんは年末年始いかがお過ごしでしたか??
良い年を迎えられたことと思います。
家族でのんびり過ごした方、旅行やウィンタースポーツに行かれた方
いろんな過ごし方がありますね。

私は1月2日に郡山市の開成山神社へ初詣に行きました。
「東北のお伊勢様」と言われるだけあってたくさんの参拝者で賑わっていました。
お参りの後はおみくじを引いて、お守りをいただいて、出店でたこ焼きを買って
帰路につきました。今年はとてものんびりしたお正月になりました。

 

必ずチェックしておきたい土地条件とは? その2

前回に引き続き、必ずチェックしておきたい土地条件についてお話しします。

〇ライフラインの有無

水道、下水道、ガス、電気などが敷地内に引き込まれているかを確認しておきましょう。

もし敷地内に引き込まれていなかたら別途に費用が掛かることになり、割安だと思った土地が結局は割高になってしまったなんてことになりかねません。


〇道路

道路の幅員が4メートル未満の場合、建物が建てられるかどうか確認する必要があります。建築するのに別途申請費等の費用が掛かる場合もありますので注意が必要です。

また、冬場の除雪の事も重要です。

例えば道路が市道や県道ではなく、私道の場合には除雪車が来てくれない事もありますので必ず確認したいポイントです!


〇近隣住民

家を建てるという事は、その地に住み続けるというです。
近所にどんな方々が住んでいるのか確認するのは大切です。

「いざ住んでみたら隣の人がすごく神経質な人でしんどい思いをした」
なんてことがあったら大変ですよね。

土地選びの際にぜひ参考にしてください!

 

 

 

今回は、必ずチェックしておきたい土地条件についてお話しします。

〇日当たり

敷地がどのように道路と接しているかを確認するのはもちろんですが、周りの建物によって日光が遮られないかなども知ることも重要です。


また、今現在は周りに大きな建物がなくても、これから大きな建物が立つ予定がないかなどをしっかりと把握しておきましょう。


〇水はけの良さ

雨が降った時に水はけが悪ければ大変です。


水はけが悪くなるのは、周りよりも低い土地に起こる場合が多くなります。


したがって、雨が降っていない時でも確認することは可能ですので、しっかりと注意しておきましょう。


〇周辺環境

お子さんがいる家庭では近くに学校があるかどうかはチェックしておきたいポイントです。


また、人気が少ないのか、夜間の雰囲気なども確認しておきましょう。


あまり人気が少なくて夜になると暗いような土地では、小さなお子さんがいる家庭には向いていないかもしれません。


他にも公園が近くにあるのかなども確認しておけば、よりお子さんが過ごしやすい環境の土地を見つけることができます。


いかがでしたでしょうか。


次回も引き続き、必ずチェックしておきたい土地条件についてお話しします。

例えば、日当たりの良し悪しに関わらず、

明るくて住み心地に優れた家にするために、

吹抜けをつくったりするように、

現実的に住みやすい家にするために、

家には掛けるべきコストというものが存在します。

 

また、耐震や断熱といった

隠れて見えなくなってしまうところにも、

惜しまずしっかりコストを掛けておくべきです。

 

このように、家には確実に掛けておくべき

コストというものが存在するわけですが、

それに伴って、家のコストがどんどん上がっていって

しまったのでは意味がないので、

それと同時に、削ることが出来るところは、

削る工夫もしていかなくてはいけません。

 

とはいえ、使用する材料のグレードを下げたり、

そもそも使う材料を変えたりするのでは、

思っているよりもコストが落ちず、

満足度ばかりが下がってしまうかもしれないので、

そんな小手先の対応ではなく、

もっと根本的なところから

しっかり見つめ直していく必要があります。

 

◎家の面積を小さくするために必要な3つの要素

家のコストを抑えるために、

根本的に必要なことは、

家の面積を小さくするということです。

 

そして、そのためには、

廊下 部屋数」 「部屋の広さ

この3つの無駄を省くようにすることが大切です。

 

廊下の無駄を省く

どんな家にしたいのか?ということを

お聞きさせていただいた時、

「廊下が絶対に欲しいです!」と言った方は、

今まで1人もいなかったわけですが、

もちろんあなたもそうだと思います。

 

廊下をつくれば、

家の中に温度差が生まれやすくなるし、

余分な光熱費がかかりやすくもなります。

 

また、もちろん廊下にも

部屋と同じようにコストがかかっているので、

廊下が増えれば増えるほど家の価格は高くなってしまいます。

ですから、廊下を限りなくゼロにすることが

家のコストカットには必要不可欠になってきます。

 

部屋数の無駄を省く

家を2階建てありきで考え、

個別の部屋は2階だという固定概念に縛られてしまうと、

ほとんど使うことがないであろう

客間を1階につくってしまいます。

 

1階の部屋がLDKだけじゃあ、

使い勝手が悪いし、

もしもの時に困ると考えてしまいますからね。

 

もちろん、貯蓄が得意で自己資金がたくさんあったり、

親からの援助が期待出来るなど、

予算的に余裕がある方ならば、

それはそれで全然構わないのですが、

そうじゃないのであれば、

使用頻度が低くなるであろう部屋は、

個別でつくらないことも、

家のコストカットには欠かせない要素となります。

 

6帖の部屋を1室カット出来れば、おおよそ

120万円~150万円ものコストカットになります。

 

1つの例として、子供部屋を1階につくり、

子供部屋と客間を兼用で使うようにするなど、

柔軟な考えを持つようにしていただければと思います。

 

部屋の広さの無駄を省く

「寝室は10帖は欲しいです!」

とおっしゃる方がいますが、

そこになにを置きますか?とお聞きすると、

「ダブルベッドしか置きません」

という回答が返ってきます。

 

10帖の部屋は、4.4m×3.5mの空間ですが、

1.4m×2mのダブルベッドを置いた場合、

かなり無駄な余白がたくさん出来てしまいます。

 

多くの方にとって、

寝室はただ寝るだけの部屋ではないでしょうか?

そして、そんな部屋のために、

余分なコストを掛けてやる必要はあるのでしょうか?

 

ダブルベッドしか部屋に置かないのであれば、

2.6m×2.6mの4.5帖の部屋でも充分だったりします。

まー、そこまで縮めなくても

6帖もあれば充分なのではないでしょうか?

 

もし、その余白となる4帖を縮めることが出来れば、

それだけでおおよそ70~100万円ものコストをカットすることが出来ます。

 

いかがですか?

 

家のコストをアップさせずに、

本当に住みやすくてカッコイイ家にするためには、

現実的に考えると、

これら3つの空間に生じるであろう無駄を、

最大限にカットしていくことが必要不可欠となります。

 

コストをアップさせて、

広さと住みやすさの両方を妥協しない家にするか?

広さを妥協して、

コストと住みやすさに妥協しない家にするか?

住みやすさを妥協して、

コストと広さに妥協しない家にするか?

(これはありえないですが・・・)

 

さて、あなたならどれを選びますか?

 

家を建てようとすると誰しもが考えることは

せっかく家を建てるんだったら日当たりを良くしたい・・

そして、そのためには日当たりが良さそうな土地を買いたい・・

ではないでしょうか?

 

そして、その結果、

日当たりが良さそうな土地の需要が高まり、

その価格は、同じ場所の

日当たりが良さそうじゃない土地に比べると

遥かに高く設定されることになります。

 

また、不動産屋さんに対して、

土地の値引き交渉も基本的に出来ないでしょうし、

じっくり考える時間も与えられず、

即決せざるを得なくなってしまうのもまた、

日当たりが良さそうな土地が背負っている宿命でもあります。

 

しかしながら、

そこに建っているほとんどの家が、

せっかく高額な費用を出し、

またゆっくり考える時間も与えられない状況の中、

日当たりが良さそうな土地を買ったにもかかわらず、

その良さが全く活かされていないという現実が存在します・・・

 

窓が窓の役割を果たせていない・・・

 

日当たりが良さそうな土地に建っている家を

ご覧いただければ、

「なるほどね」とご理解いただけると思いますが、

まず、せっかく大きな窓をつくったにもかかわらず、

その全ての窓にカーテンが設置され、

視線と共に太陽の光までも遮断してしまっています・・・

 

そして、その結果、

日当たりがいいはずなのに、

朝から照明を点けないと過ごせなくなってしまいます・・・

 

また、

「カーテンが開けられない家=窓が開けられない家」なので、

そもそも風通しが良いとか悪いとかいう話では

なくなってしまいます・・・

 

せっかくのウッドデッキもお金の無駄に・・・

 

さらに、リビング南の大きな窓の向こうに設置した

憧れのウッドデッキも、

使いたくても使えないのが現実ではないでしょうか?

というのも、ウッドデッキ自体が周囲から丸見えだし、

ウッドデッキを使うためにカーテンを開けたら、

家の中までも周囲から丸見えになってしまいますからね・・・

 

洗濯物が丸見えに・・・

 

そして、日当たりが良い土地に建っている家のほとんどが、

2階のベランダで洗濯物を干していますが、

景観的も防犯的にも悪くなってしまうので、

これも決してオススメ出来ることではありません。

 

洗濯物が周囲から丸見えになると、

生活感丸出しになってしまうし。

それだけで家族構成が分かってしまいますからね。

洗濯の動線的にも、

最も手間と労力がかかるのがこのパターンですしね。

 

間取りが周囲に丸わかり・・・

 

そして、窓の形やデザインを見ただけで、

どこにどんな部屋があるのかが、

みんなにバレてしまうというところも、

日当たりが良い土地に建っている家の難点です・・

 

ベランダの洗濯物を見れば家族構成が分かり、

窓の形やデザインを見れば間取りが分かり、

夜、ライトがついているかいないかで、

どこに誰が居るのかが分かってしまう家・・・

そう考えると、ちょっと不安じゃありませんか?

 

外構(エクステリア)の施工費もかさむ結果に・・・

 

さらに、この防犯性やプライバシー性の低さを補おうとした結果、

庭の工事費用も高くつきやすくなるいうのも、

日当たりが良い土地の隠れた難点ですね・・・

 

つまり、日当たりが良い土地というのは、

一見最も良さそうに感じるものの、

蓋を開けてみると、

土地代も庭代も高くついてしまうし、

普通の家を建ててしまうと、

最も暮らしにくい家になってしまう・・・

ということなんですよね。

 

つまりは土地を活かすも殺すも設計次第・・・

 

結論から申し上げると、

どんな土地も活かすも殺すも設計次第ということです。

 

日当たりが良さそうな土地で、

わざわざ暗くて住みにくそうな家にするのも、

日当たりが悪そうな土地でも、

明るくて住み心地に優れた家にするのも、

どんな間取りを提案するのか?で全てが決まってきます。

 

ですから、個人的には、

わざわざ高いお金を払ってまで、

日当たりが良さそうな土地を買うよりも、

出来るだけ予算を削りながら土地を買った方が

絶対に良いと考えています。

 

ただ、これはどんな土地でも共通したことなのですが、

住み心地に優れた住まいにするためには、

工夫やアイデアが必要であるということであり、

そのためには、掛けるべきコストが確実に存在します。

 

つまり、その分だけ、

家の費用が高くなってしまうということですね。

 

ですから、本当は不必要であるモノを最大限に削ることで、

家の費用が高くならないようにしなければいけないんですよね。

 

ということで、次回はこの続きで、

家の予算をカットするために、

削るべき不必要なモノが何か?

ということについてお伝えしていきたいと思います。

 

 

家づくりをする際に建てるための土地(家を建てるための地面)がない方は、
まずは土地選びから始まります。
土地をスムーズに選ぶためには、どのようなポイントを望むのかを整理することが重要になってきます。


今回は、土地選びの前にしておきたいポイントの整理についてお話しします。


・予算決めを行う

ほとんどの方は初めての土地選びになるかと思います。


まずは何から始めたらいいか悩まれるのは当然のことです。


不動産屋に突撃するか、知り合いに聞いてみるか、パソコンで検索してみるか、どれも必要なことです。


でも一番大切なことをされない方が非常に多いように感じます。


それは、予算決めです。


予算決めとは、難しく言うと資金計画をして返済計画と調達計画を行う事です。


例えば土地を決めて、建物を決めて、銀行に行って諸費用を足すと、多くの方がおおよそで考えていた予算を大きく超えます。


そうならないために最初に予算決めを行います。


諸費用と建物の予算を把握して、自分たちが選ぶべき土地の価格を決めます。


どんなことも始めが肝心になってきます!


・優先順位を決めておく

土地選びをする前に、どんな土地に住みたいのかを具体的に考えておくと、土地選びの際に非常に有効です。


まずは思いつく限りの土地に求める希望条件を全て紙に書き出します。


しかし、全て希望通りに行くことはほとんどありません。


自分たちが欲しい土地は、もちろんみんなも欲しい土地です。
みんなが欲しい土地はどうしても金額が高くなってしまいます。


希望通りの土地が見つかっても、予算オーバーになってしまったら後々大変なことになってしまいます。


ですので、希望条件に1つずつに優先順位をつけていくことで、何を優先してどこを我慢できるかをはっきりさせましょう。


この際に大切なことは、自分1人で決めずに家族と話し合って決めることです。


家族の希望もしっかりと反映させて、みんなが快適に過ごせる土地を選ぶようにしましょう。


もしここが曖昧のまま土地選びをしてしまうと、後々後悔するような事態に陥ってしまいます。


優先順位をつけたら、あとはその優先順位を元に自分たち家族にピッタリの土地選びを始めましょう。


優先順位をあらかじめはっきりさせておけば土地選びもスムーズになります!


次回は、必ずチェックしておきたい具体的な土地条件についてお話しします。

こんにちは。
1年もあっという間に過ぎて今年もあと3週間を切りました。
会津も雪が積もって冬本番という感じです。
先日自分の車のタイヤをスタッドレスに交換しようと
積み込み作業をしていたところ4本のうち1本がパンクしていました(涙)
去年新調したばかりだったのに・・・。
とりあえず応急処置をしてもらい様子を見ることになりました。

さて、前回に引き続き注文住宅の費用を抑えるためのポイントを紹介していきます。


注文住宅の費用を押せるためのポイント DIY編

◎DIY(Do It Yourself)

自分でできることは自分でやってしまいましょう。

もちろんプロよりも質が落ちると思いますが、その分自分の理想とする家づくりにお金をかけることができるので、結果的に理想の家に近づくことになります。

素人が塗装作業などをすると、ムラがでてしまいがちですが、そのムラを味わいと捉えられるとプラスのイメージにもなります。
また、知人で建築業に詳しい方や、プロの方にアイデアをもらうこともおすすめです。

アイデアさえもらうことができれば、後はそのアイデアをもとに時間をかけてご家族で楽しみながら作るのも楽しいかもしれません。

人は自分で手掛けたものに愛着を感じるものです。

ご家族で長く住んでいく家です。
どこか家の一部でも自分で手掛けることにより一層愛着のあるマイホームになるかもしれませんね!

いかがでしたでしょうか。
今回で注文住宅の費用を抑えるためのポイントについてお話しはおしまいです。
注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてみてください!

前回に引き続き、注文住宅の費用を抑えるためのポイントについてのお話です。
今回は費用を抑えるためのコツをいくつか紹介します。

1:建物の面積を小さくする

当然のことではありますが、建物の面積を少なくすれば費用を抑えられます。
どこの面積を少なくするかは難しいところですが、建物は大きく分けると家族みんなで使う空間と、それぞれが使うプライベートな空間があります。

家族がいつまでも仲良く暮らす家、
という事であれば家族みんなで使うリビングを優先して、プライベートな寝室や子供部屋などは必要最小限でいいかと思います。


その際気を付けていただきたいのが、面積を減らしても収納の広さは十分確保する事が大切です。

2:シンプルにする

複雑なつくりになるほど費用が増します。
ですので、できるだけシンプルなつくりの家を目指しましょう。

十分検討されたプランはおのずとシンプルになります。
シンプルなプランは暮らしやすく洗練されています。

間取りや外観などは建築のプロと納得いくまで検討して、シンプルを目指してください。

水回りなどもシンプルしてしまえば、費用も削減できるしメンテナンスコストも安くなるのでおすすめです!

2 / 2812345...1020...最後 »