認定低炭素住宅

認定低炭素住宅とは
「改正省エネ基準よりも一次エネルギーの消費量を10%以上削減」するほか、下記の設備のうち2つ以上を講じる必要があります。例えば木造住宅にある程度の出力を備えた太陽光発電システムなどの発電設備を備え、日々の節水に配慮すれば、月々の光熱費をもっと抑えることが可能になるのです。設計時に家の向きが北か南か、立地条件、隣家やひさしの有無、地形や家の形状などの諸条件もちゃんと試算して家全体でしっかり省エネしましょう、というのが低炭素住宅の考えです。
1.節水性能に役立つ設備機器採用(節水型トイレや節水型水洗など)
2.雨水、井戸水、または雑排水を使う設備を設置(雨水貯水タンクなど)
3.HEMS またはBEMS の導入
4.太陽光発電システムまたは蓄電池システムの導入
5.ヒートアイランド対策(屋上緑化や壁の緑化など)
6.劣化等級3(住宅の劣化を軽減する措置)
7.木造住宅
8.高炉セメント(耐久性に優れている)など
2つ以上
これらのうち2 つ以上が採用となります。
注意しなければならないこと
低炭素住宅はどこに建てても認定が受けられるわけではありません。認定を受けるには市街化区域等に建てる必要があります。たとえばスーパーまでクルマで1時間もかけて出なければならないとなれば、その分ガソリン消費量が多くなり、暮らしが「低炭素」になりません。低炭素住宅の最大のメリットとは、税制や住宅ローンなどの優遇を受けながらそれぞれの立場や条件に合った節電対策を講じた最新のエコ仕様の住まいを建てられるということなのです。