夢の匠のZEH(ゼロエネルギー住宅)への取り組み

夢の匠ではZEH の標準化に向けて積極的な取組をしています。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)とは
住宅の断熱性能や設備の省エネ性能の向上、再生可能エネルギーの活用等によって、年間の一次エネルギー消費量よりも、住宅で創り出したエネルギーの方が正味(ネット)で上回る、もしくはその差がゼロになる住宅のことをさします。
政府は2020年の標準的な新築住宅でZEHにすることを目標に掲げています。
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは…
生活エネルギーを「減らす」「創る」「0」にする住宅の事です!!
一次エネルギー消費とは 発電のために必要な、石油や石炭、天然がすなどの化石燃料や水力、太陽熱なそ、自然界に存在しているままのエネルギー源のことです。一次エネルギーを加工してつくられる電気やガスなどは二次エネルギーと言われます。つまり、家庭で消費するエアコンや給油、照明などの二次エネルギー消費量を減らすことで、そのエネルギーを作る一次エネルギーを減らす事につながります。
取組1ZEHの周知・普及に向けた具体策として
ホームページでの告知やSNSなどを活用し幅広い方にZEHを知っていただけるよう情報発信をします。また、お問い合わせいただいたお客様やこれから住宅の建築をお考えの方へ、ZEHとはどういうものかをご理解いただくためにPR活動に努めます。
取組2ZEHのコストダウンに向けた具体策として
ZEHを採用するにあたり、太陽光発電、蓄電池などの創蓄エネ設備の導入、高効率の空調設備の採用、住宅性能の向上のため高性能な建材の使用による建築コストの増加が予想されます。住宅関連企業との協力によりコスト削減に一定の見込みはあります。但しそれだけでは真のコスト削減にはなりません。自然の風や太陽の光を有効活用できるような設計を心がけ光熱費の抑制につながるよう更なる技術向上に努めます。
取組3その他の取組として
社外セミナーや交流会の参加によるZEHの理解の追及を積極的にしてまいります。ZEH採用のオーナー様へはデータ収集のご協力とご理解をお願いいたします。データは住宅性能向上に役立たせていただきます。
夢の匠のZEH受託目標
年間受注棟数による割合(%)